琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
<< 渡し船と歴史と私 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
エージナ島・・・「グスク」じゃないんだけどな〜
ほとんど更新もしない当ブログ、当然ながらアクセス数もそう多くはないのですが、何かしらの検索で閲覧してくださる方もいらっしゃいます。
中でも多い検索キーワードは、「グスク」や「安須森御嶽」、「沖縄考古学会」などですが、負けず劣らず多いものに「エージナ島 グスク」があります。



【エージナ島の遠景(南東から撮影)】

糸満市名城の海にひっそりと佇むあの小さな島がこれほど検索されるのは、近年、『海東諸国紀』や『琉球国図』に描かれている「阿義那(あぎな)之城」はエージナ島のことであるという指摘がなされたからでしょう。
この説に対し私は、当ブログの記事「エージナ島はグスクか?」で、「エージナ島=城」というには超えなければならないハードルがいくつかあることを、グスク論争のグスク聖域説などを例に指摘しました。

仮に、表面観察で島から土器等の遺物が採集されたり、城壁の可能性がある石積みが発見されたり、攻めにくそうなジグザグの登り道が見つかったとしても、それが城の痕跡であるとするのは単なる主観に過ぎません。

採集される遺物は祭祀に使われたものであるかも知れないし、神社や寺のような場でも石積みはありますし、山道を上りやすくするためにジグザグにするのは極めて当たり前の行為であり、表面観察で得られる情報は、単独でも総合でも「エージナ島=城」とする根拠にはまるでならないのです。



まあ、これらのことは上述した過去記事ですでに述べたことなので、ここで繰り返す必要はないのですが、今回はひとつの危惧があって再び書き込むことにしました。
その危惧とは、「エージナ島=グスク」という見解についてです。


エージナ島が城であるとは断言できないまでも、その可能性は十分にあることは過去記事でも述べましたが、それは「エージナ島=城」であって、「エージナ島=グスク」では決してありません

その根拠は、まず、波上宮が別名「ハナグスク」と呼ばれているように「グスク=城」でないことがひとつ、
そして、次が重要なのですが、エージナ島が「グスク」と呼ばれていた形跡が見当たらないからです。

エージナ島に当たるとされる「阿義那(あぎな)之城」、これは、『海東諸国紀』・『琉球国図』において、阿義那之「グスク」ではなく、明らかに阿義那之「城(しろ)」と書かれています。
対して、中城グスクや伊計グスクなどは、「中具足城」や「池具足城」と記述されています。
つまり、2地図の中で、「具足(グスク)」と「城(しろ)」は使い分けられているのです。
これは、2地図の描かれた時代に、エージナ島が(仮に「エージナ島=阿義那之城」とした場合)「グスク」と呼ばれていなかったことを意味します

これは非常に重要なことで、今でこそ皆「城=グスク」と意識していますが、それがいつの時代のことからなのか、はっきりしないのです。

明らかな城を「グスク」と呼んでいない史料は他にも存在します。
琉球最古の歌謡集として有名な『おもろさうし』。
「ぐすく」という語はその中に多く見られるにも関わらず、今帰仁グスクや勝連グスク、浦添グスクなど、比較的大型のグスクは単に「今帰仁」・「勝連」・「浦添」とだけ謡われ、「ぐすく」と呼ばれることがありません。
これも、古琉球において、単純に「城=グスク」ではなかった可能性を示唆しています。


仮にエージナ島が城であることが判明し、「阿義那之城」そのものであったとしても、それはあくまで「城」であり、「グスク」ではありません。

なんの根拠もなくエージナ島を「グスク」と呼ぶことは、先学のグスク研究に対する認識不足です。
これから先、エージナ島を調査する研究者は、例えカギ括弧付きであるにしろ、エージナ島を「グスク」と呼ばないことを願って止みません。
| グスク見聞録 | 2012.06.06 Wednesday 23:28 | comments(11) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 2012.10.28 Sunday 23:28 | - | - |
コメント
他のエントリでアラミタマさんを批判しておいて厚かましいですが、質問させてください。

『海東諸国紀』の地図において、「伊麻奇時利城」、「賀通連城」と記されているのが今帰仁グスク・勝連グスクだと思いますが、これらは何をもって、単なる城ではなく「グスク」と認定されたのでしょうか。

また、「城であってグスクではない」と認定されている史跡には、どのようなものがあるのでしょうか。

ご教示いただければ幸いです。
| hot | 2012/12/23 2:43 PM |
hotさん

>他のエントリでアラミタマさんを批判しておいて厚かましいですが、質問させてください。

とんでもないです!コメントありがとうございます!


>『海東諸国紀』の地図において、「伊麻奇時利城」、「賀通連城」と記されているのが今帰仁グスク・勝連グスクだと思いますが、これらは何をもって、単なる城ではなく「グスク」と認定されたのでしょうか。

これは非常に難しい問題で、今帰仁グスク・勝連グスクが当時から「グスク」と呼ばれていなかったとも断定はできません。
ただ、『海東諸国紀』に「具足」と「城」で使い分けがあることから、城=グスクではなかった“可能性”があると。。。
私としては、「グスク」と呼ばれる聖地があり、それを取り囲むようにして城が発生し、城の中にグスクが存在することで、城がグスクとも呼ばれるようになっていったというストーリーを“想像”しているんですが、これといった根拠はありません。
史料が少なすぎるんですよね。

私がこの記事でエージナ島をグスクと呼ぶべきではないと発言した所以は、「グスク」と言えば即「=城」という現在の風潮を嫌うからです。
城であるグスクがあったことは間違いありませんが、全てのグスクが城であったとは限らないことを周知させたいのです。

>また、「城であってグスクではない」と認定されている史跡には、どのようなものがあるのでしょうか。

奄美諸島に行くと、もともと「シロ」であったものが後に「グスク」と名づけられる事例があると聞きます。私自身まだ未調査で詳しいことは分からないのですが・・・。

沖縄本島では、グスクではない城は基本的に「ない」と言えると思うのですが、御嶽として崇められる山を発掘すると、そこから集落跡が確認されることがあります。(渡名喜島の里遺跡や読谷村のアガリヌウガン遺跡など)
これらの遺跡を立地的に防御性があると考える考古学者もいて、そういう方々は「グスク的遺跡」とか「グスク様の遺跡」などと表現したりしますが、元来「グスク」と呼ばれていない場を、グスク=「城」を前提として、現代の人間が「グスク」と冠するのは大いなる誤りであると考えます。エージナ島も然りです。

しかしながら、こうした遺跡が「グスク」と呼ばれる遺跡(一部の大規模グスクを除く)とよく似ていることも確かです。
急峻な崖に囲まれた山頂に立地する・人が住んでいた・13世紀頃から出現する・出土遺物が共通する・少なくとも現在において聖地である、などなど。
このように、発掘で得られる情報から、これらの御嶽とグスクを判別するのは非常に困難であり、それ故、余計に「『グスク』とは何か」は難しい問題なのです。
| アラミタマ | 2012/12/24 11:05 AM |
これは難しいですね(笑)
ちょっと整理させてください。

>私としては、「グスク」と呼ばれる聖地があり、それを取り囲むようにして城が発生し、城の中にグスクが存在することで、城がグスクとも呼ばれるようになっていったというストーリーを“想像”しているんですが、これといった根拠はありません。

このストーリーとアラミタマさんのご説明に従うと、逆に「阿義那之城=グスク」と見て問題無いということになりませんか?
つまりこういうことです。

「グスクはすべて城である」とは言えないが、
「城はすべてグスクである」とは言える。
つまり、
「阿義那之城はグスクである」と言える。

もちろんおっしゃるとおり、エージナ島=阿義那之城とするには、さらなる調査が必要でしょうね。

後半も興味深いですね。
グスクと御嶽の区別は私もよくわかっていなかったので、勉強になりました。
ありがとうございます。
| hot | 2012/12/24 12:57 PM |
hotさん

>「グスクはすべて城である」とは言えないが、
「城はすべてグスクである」とは言える。

ちょっと私も混乱してきたので、時間軸を念頭にお答えし直しますね。

まず、“現在”において、「グスクはすべて城である」とは言えません。これは、“グスク時代”においてもそうです。

次に、「城はすべてグスクである」ですが、これは、“現在”の沖縄本島では当てはまりますが、“グスク時代”の沖縄本島や“グスク時代〜現在”の奄美諸島には当てはまりません。
もっと厳密に言うと、「当てはまらない可能性がある」ということです。
その根拠が、『海東諸国紀』や『琉球国図』で「具足」と「城」が使い分けられていること、『おもろさうし』において勝連グスクや今帰仁グスクなどがただ「勝連」「今帰仁」と記載されていることなどです。
| アラミタマ | 2012/12/24 3:28 PM |
グスク→城に移行したというストーリーであれば、“グスク時代”においても、城はすべてグスクの機能を併せ持つのではないでしょうか?
城への移行過程において、グスクとしての機能を喪失したということでしょうか。

これは“想像”ということなのでひとまず置いておきますが、ともかく、グスク時代には勝連城も今帰仁城も、城であってグスクではなかった可能性があるということですよね?

そこで最初の質問に戻ってしまうのですが、勝連城も今帰仁城も“現在”においてグスクと呼べるのであれば、阿義那之城だけはなぜ“現在”においてもグスクと呼べないのか、そこがわからないのです。
勝連城も今帰仁城も、“現在”においてもグスクと呼ぶべきでないということならわかるのです。
しかし、そこまで主張されているわけではないようなので、理解できずにいます。

しつこくて申し訳ありませんが、ご教授いただければ幸いです。
| hot | 2012/12/24 5:05 PM |
hotさん

>グスク→城に移行したというストーリーであれば、“グスク時代”においても、城はすべてグスクの機能を併せ持つのではないでしょうか?

まず、グスク時代における「グスク」とはなにかという問題に立ち返ってしまいますが、これには諸説あり、城であるとか、石垣のことであるとか、「具足」の漢字表記を取り上げて武具のことだという説も有ります。
これらはどれも実証できるものではなく、結局のところ分からないと言わざるを得ないのが現状です。
ただ、民俗学的研究によると、近世以降のグスクは御嶽と同様に聖地として崇められる場が多いということから、「グスク」は聖地と何かしら関係がある語ではありそうです。

私の“想像”はこのことを前提としているのですが、勝連グスクにも今帰仁グスクにも城内に聖地があります。はじめ「グスク」と呼ばれていなかったかも知れないこれらの城が、聖地たるグスクを内包することで後に勝連グスク・今帰仁グスクと呼ばれるようになったのかも知れません。
また、仮に、城内に聖地たるグスクを備えていない城があった場合、あるいはグスクと呼ばれない聖地を内包する城があった場合、それらが後にグスクと呼ばれるようになるのは、人々の意識がグスク=「城」と変わっていたときでしょう。
つまり、勝連グスクや今帰仁グスクのような代表的な城がグスクと呼ばれるようになることで、人々の意識がグスク=「城」と変移し、グスクのない城も「グスク」と称されるようになったというストーリーも想定可能だと思うのです。

>勝連城も今帰仁城も“現在”においてグスクと呼べるのであれば、阿義那之城だけはなぜ“現在”においてもグスクと呼べないのか

これはとても単純な話で、勝連グスクも今帰仁グスクも近世には「グスク」と呼ばれていることが想定できるのですが、阿義那之城はまったく謎であるからです。
まずもってどこにあるかも分かりません。
阿義那之城の候補地として瀬長グスクが挙げられていますが、もしそうであるならばこれはグスクと呼ばれるようになったと言えます。
しかし、エージナ島がそうであるならば、それがグスクと呼ばれるようになったことが史料的に確認できません。

阿義那之城が後世グスクと呼ばれるようになった可能性は否定できませんが、仮に、城がグスクと呼ばれるようになるのは人々の意識がグスク=「城」となってからだという仮定が成立してしまうなら、阿義那之城が意識変化の前に廃城となることで「グスク」と呼ばれるようにはならなかったとも考えられます。

以上申し上げたのは想像に想像を重ねたまったく学術的な話では有りませんが、要は、グスク時代のことはよく分かっていないので、いつ成立してしまったのかも判然としないグスク=「城」観を当てはめるべきではないと申し上げたかったのです。
これは、グスク=「城」説に偏る現状に対する批判でもあります。


説明が下手くそで混乱させてしまい申し訳ありません(^^;
| アラミタマ | 2012/12/24 8:20 PM |
グスクの定義がわからない以上、グスクと呼ばれた記録がないものはグスクと呼ぶべきではないということですよね。
それはたしかに筋が通りますが、本来歴史学では、当時の呼称ではなく実態によって名称を決めているものだと思うのですよ。でないと「鎌倉幕府」だって使えない。

グスクを定義する決定打が存在しない現状では、グスクと認定された遺跡との顕著な差分が見あたらないものは、「グスク的遺跡」とか「グスク様の遺跡」と呼んでも差し支えないと思うのですが、、、。
まあこれは素人の私が口をはさむことではないですね。

私の印象では、阿義那之城をグスクと呼ぶことには慎重であるべきかもしれないが、阿義那之城をグスクではないと断言することもまた乱暴ではないか、というところです。
むしろ例外を証明する必要があるぶんだけ、後者の方が分が悪いようにも思えます。
仮にエージナ島が阿義那之城と判明したとして、「城であってグスクではない県内唯一の遺跡!」と紹介されたら、それはそれでおいおい大丈夫かとなるのではないでしょうか。

私からのコメントは以上にします。
私の無知のせいでアラミタマさんに無用の説明の労をとらせてしまったようで、心苦しく思っておりました。
おつきあいいただき、ありがとうございます。
| hot | 2012/12/25 1:01 PM |
hotさん

>それはたしかに筋が通りますが、本来歴史学では、当時の呼称ではなく実態によって名称を決めているものだと思うのですよ。でないと「鎌倉幕府」だって使えない。

確かに、現代の視点・価値観で歴史的事物に命名することは多いですが、まずは当時においてどう呼ばれていたかを模索するのが優先なのだと思います。
当時における呼び名が分からない、あるいは、当時にはなかった概念で呼び名を作った方が歴史を理解しやすい場合などは、新たに名を付ける必要性も出てきますが、基本はやはり、当時における呼び名、当時の人の意識に迫ることだと思います。


>私の印象では、阿義那之城をグスクと呼ぶことには慎重であるべきかもしれないが、阿義那之城をグスクではないと断言することもまた乱暴ではないか、というところです。

・・・仰る通りです。
私自身、「グスクと呼ぶことには慎重であるべきだ」という態度のつもりでしたが、本文を読み直すと、確かに、誤解を招く表現になっていました。
「現時点で、グスクと呼ぶべきではない」というのが本意であるとご理解いただければ幸いです。
すみませんでした。


>むしろ例外を証明する必要があるぶんだけ、後者の方が分が悪いようにも思えます。

奄美諸島のグスクではない城(シロ)の存在から、沖縄本島のグスク=「城」観を見直すべきだという意見はすでにあります。
城をグスクと呼ぶのが当たり前という沖縄本島の状況が、むしろ例外と呼ぶべき状況である可能性もあるのです。
奄美諸島の城(シロ)が特別なのか、沖縄のグスク=「城」が変わっているのか。
先島地方のスクなども含めて、グスクの分布する圏内で相対的にみていく必要があります。
現在のグスク研究にこのような問題が横たわっているからこそ、現時点で阿義那之城はグスクと呼ぶべきではないと考えています。


>私の無知のせいでアラミタマさんに無用の説明の労をとらせてしまったようで、心苦しく思っておりました。

とんでもありません!
私の説明下手のせいでかえって混乱を招いてしまったかも知れません。どうぞご容赦ください。
コメントありがとうございました!
| アラミタマ | 2012/12/25 7:48 PM |
まったくもってお久しぶりです。

本当は色々お話ししたい事もあるのですが
PCの不調や多忙が重なり中々書き込めずすみません。

奄美のお話しが出ていたのでちょっと気になったのですが
「奄美諸島のグスクではない城(シロ)」とは
奄美大島の笠利湾の赤木名城や
喜界島の七城、平家森の事でしょうか?

赤木名城は九州の山城に近い構造らしいとの事ですが
惜しくも時間がなくて行けませんでした。

七城と平家森は行きましたが少なくても現時点では
確かに御嶽や藩政時代にそれから変えられた可能性がある
神社、祠と言った信仰を表す空間は
見当たらなかったと記憶しております。

逆に平家の落人を祭った奄美大島の有盛神社、行盛神社
及び加計呂麻島の大屯(資盛)神社は
元々は落ち延びた彼らの居城だった場所に
没後になってそれぞれ神社が立てられたとの事だそうです。
| -63° | 2012/12/27 6:04 PM |
-63°さん

ご無沙汰しております。ほぼ一年ぶりくらいになるでしょうか?

>「奄美諸島のグスクではない城(シロ)」とは
奄美大島の笠利湾の赤木名城や
喜界島の七城、平家森の事でしょうか?

恥ずかしながら、奄美諸島は私未踏査でして、グスクでない城の存在を指摘する研究者の方々が具体的にどこの城のことを仰っているのかよくわかっていないのです。


>赤木名城は九州の山城に近い構造らしいとの事ですが
惜しくも時間がなくて行けませんでした。

赤木名城跡に関しては発掘報告書を読んだことがありますが、想定復元図は、確かに、中世山城を思わせる構造でした。


>七城と平家森は行きましたが少なくても現時点では
確かに御嶽や藩政時代にそれから変えられた可能性がある
神社、祠と言った信仰を表す空間は
見当たらなかったと記憶しております。

なるほど〜。
目の付け所がさすがの-63°さんですね!


>逆に平家の落人を祭った奄美大島の有盛神社、行盛神社
及び加計呂麻島の大屯(資盛)神社は
元々は落ち延びた彼らの居城だった場所に
没後になってそれぞれ神社が立てられたとの事だそうです。

そのような由来の神社もあるんですね。
勉強になりました!

本年もよろしくお願いいたします。
| アラミタマ | 2013/01/06 7:32 PM |
マーンチュヤガ?
| まにに | 2016/01/14 11:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://obotsu-sedi.jugem.jp/trackback/80
トラックバック
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索