琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
<< 「日本人」のあり方 | main | 知念グスクの「古グスク」と「新グスク」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
御嶽信仰は自然崇拝 ―知念森―

御嶽信仰は丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰(=自然崇拝)であることを琉球開闢の九御嶽(『中山世鑑』)を例にご紹介するシリーズ。
今回は3つ目の御嶽、「知念森」です。
(グスクの頂部聖域については、過去記事「グスク聖域の証明」シリーズ参照。)

知念森も開闢九嶽のひとつですが、前回の「今鬼神のカナヒヤブ」同様、グスクの中にあります。(カナヒヤブについては過去記事「御嶽信仰は自然崇拝 ―今帰仁グスクのカナヒヤブ―」参照。)
知念森があるグスク、それは、知念グスクです。
あるいは知念グスク全体が知念森だったかも知れません。
しかし、聖域の中心は、やはり知念グスクの丘陵頂部にあったと考えられます。


(以下、写真をいくつか載せますが、異なる時期に撮った写真を使用していますので、草木の茂りや諸施設に若干の違いがあります。ご注意ください。)


南城市知念にある知念グスクは二つの郭が東西に隣り合う形になっており、
石灰岩丘陵上に築かれた東の郭が「古グスク(コーグスク)」、
その丘陵の西側麓に造成された平場が「新グスク(ミーグスク)」と呼ばれています。

知念グスクの城門は新グスクにしかありません。


s-P1930025.jpg
【知念グスク 新グスクの城門】


城門をくぐると、新グスク郭内は下写真のように全体が平場になっています。


s-P1790613.jpg
【新グスク郭内】


新グスクから東に目をやると、樹木が生い茂る古グスクの丘陵が隣接しています。


s-P2020629.jpg
【新グスクから見た古グスク】


知念グスクの頂部拝所(イベ石)はこの古グスク中、丘陵のもっとも高い位置にあります。


s-P1830092.jpg
【知念グスク頂部のイベ石】


城内にも関わらず、埋められも削られもせず今なお拝まれる丘陵頂部の岩。
知念森の核心は恐らくここにあります。
開闢九嶽のひとつ知念森もまた、頂部がもっとも神聖視される聖地なのです。



人気ブログランキングへ


終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2011.04.13 Wednesday 11:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 2012.10.28 Sunday 11:51 | - | - |
コメント
実は先日奄美の6島へ行ってきました。
その真っ最中にあの大震災が起きてしまいました。

本命の城久遺跡をはじめ各島の精査や
与論島沖から見える安須森御嶽も撮影してきました。
また後に詳しい御報告をしたいと思います。
| -63° | 2011/04/23 12:02 AM |
-63さん

>本命の城久遺跡をはじめ各島の精査や
与論島沖から見える安須森御嶽も撮影してきました。

それは羨ましい。
最近、琉球史に関して、奄美諸島から興味ある情報がどんどん発信されてきていますよね。
実は、あちらの状況を知らずしてグスクを語っていることに、若干の不安を抱いています(^^;


>また後に詳しい御報告をしたいと思います。

ありがとうございます!
ぜひお願いします!
| アラミタマ | 2011/04/24 6:37 PM |
お久しぶりです。
前の書き込みから半年も経ってしまい
大変申し訳ございません。

近々奄美について各島ずつ(5島に分けて)
お知らせしたいと思います。

実はこの期間の間にも熊野方面へも行ったのですが
先に沖縄へ行った後、その予備知識を持ってから
初めてと言う形で熊野へ行きますと
予想以上に熊野に沖縄を感じてしまいました。

ただ奄美に関しては熊野よりも
また別の本土の2か所を感じる事の方が多かったです。
| -63° | 2011/10/28 3:55 AM |
-63°さん

お久しぶりです。
自分も、あれ以来、更新を怠ってしまってどうも(^^;


>近々奄美について各島ずつ(5島に分けて)
お知らせしたいと思います。

それは非常に楽しみです!


>実はこの期間の間にも熊野方面へも行ったのですが
先に沖縄へ行った後、その予備知識を持ってから
初めてと言う形で熊野へ行きますと
予想以上に熊野に沖縄を感じてしまいました。
ただ奄美に関しては熊野よりも
また別の本土の2か所を感じる事の方が多かったです。

おお、そうですか!
それらのお話も詳しくお聞きしたいです。


私も、現在、細々と研究を続けています。
ご存知のように、琉球の自然崇拝は本土のそれとそっくりですが、時の権力と結びついて琉球独自の展開を見せていくと考えています。
今、執筆中の論文は、グスク時代の支配者たちの墓の立地についてです。
私の考えでは、彼らの多くは、自身の墓を聖地に築いています。
生前は聖地たるグスクに居住し、死後は、聖地に築いた墓に眠る訳です。
支配者が「てだ」(太陽)と神格化された琉球ならではの状況です。
その根拠もいずれ記事を更新してお話していきますので、いろいろとアドバイスをいただければ幸いです。
| アラミタマ | 2011/11/01 12:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://obotsu-sedi.jugem.jp/trackback/74
トラックバック
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索