琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
<< 運命の出会い | main | 海外から被災地へのメッセージ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
御嶽信仰は自然崇拝 ―今帰仁グスクのカナヒヤブ―

御嶽信仰は丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰(=自然崇拝)であることを琉球開闢の九御嶽(『中山世鑑』)を例にご紹介するシリーズ。
本日は2つ目の御嶽、「今鬼神のカナヒヤブ」です。

「今鬼神」は今帰仁(なきじん)のことで、カナヒヤブの御嶽は今帰仁グスクの中にあります。

民俗学的に、グスクは、御嶽とその礼拝所を含めた聖域のことと考えられています。
つまり、御嶽とグスクは信仰的には大差ないということです。
琉球開闢の九御嶽の中に入れられるほどのカナヒヤブの御嶽がグスクの中にあることも、民俗学の見解に矛盾しません。

このブログではグスクと御嶽を別のカテゴリーにしているので、グスク内の御嶽をどちらに入れるか思案のしどころなのですが、今回のカナヒヤブに関しては九御嶽のひとつとして、「御嶽」に分類しておこうと思います。


さて、繰り返しますが、カナヒヤブは今帰仁グスクの中にあります。
今帰仁グスクの中のどこにあるかというと、これが実は、グスクの頂部にあるのです。


現在、今帰仁グスクの麓には、グスクの模型がありますが、


s-P1820451.jpg
【今帰仁グスクの模型】


カナヒヤブの御嶽は、頂部の主郭と御内原(おうちばる)という郭の間にあります。


s-P1820455.jpg
【グスク模型の頂部】


上写真中、左側手前が主郭、右側手前が御内原。その間にある小さい石積み囲いがカナヒヤブです。
模型からわかるように、カナヒヤブの御嶽の石積み囲いの中では、自然岩が祀られています。
下写真が、実際のカナヒヤブです。


s-P1820601.jpg
【カナヒヤブの石囲い】


s-P1820603.jpg
【カナヒヤブで祀られる自然岩】


このように、「今鬼神のカナヒヤブ」は丘陵頂部の岩を拝む御嶽であり、丘陵頂部をもっとも神聖視する御嶽の典型的なものであるといえるでしょう。


ちなみに、今帰仁グスクの按司(支配者)は、カナヒヤブのすぐ隣の主郭に君臨していたと考えられます。
模型をみてもわかる通り、主郭の大型建物の基壇とカナヒヤブはほぼ同レベルにありますが、カナヒヤブが自然の状態で(自然岩として)今のレベルにあるのに対し、主郭は、土を盛ることでこの高さに造成されていることが発掘調査で明らかになっています。
今帰仁グスクの支配者は、カナヒヤブの御嶽の神と同レベルに君臨してみせることで、太陽神「てだ」と化した自らの神威を誇示したのです。(「聖域に君臨するグスク支配者」シリーズ参照)



人気ブログランキングへ


終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2011.03.09 Wednesday 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 2012.10.28 Sunday 23:24 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://obotsu-sedi.jugem.jp/trackback/68
トラックバック
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索