琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
<< 御嶽信仰は自然崇拝 | main | 運命の出会い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
御嶽信仰は自然崇拝 ―安須森御嶽―

前回の記事(「御嶽信仰は自然崇拝」)で、丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰(=自然崇拝)はグスク以外でもみられることをお話ししました。
その具体例として、まずは御嶽をご紹介します。

もっとも、グスクは、御嶽とその拝所を包含した聖域だと考えられているので、御嶽とグスクは信仰的に同質のものと言えるのですが・・・

さて、一言に御嶽といってもその数は大変なもの。
ですので、ここでは、沖縄でもっとも有名な琉球開闢の九つの御嶽の状況をお話ししたいと思います。


琉球の正史『中山世鑑』の巻一には、アマミク(アマミキヨ)という神が天上から沖縄に降臨し御嶽を創造したことが記述されています。
中でも、アマミクが最初に創ったとして特別に挙げられているのが前述した九御嶽です。
九御嶽をアマミクが創造した順に挙げると次のようになります。

「辺戸の安須森」(国頭村)
「今鬼神のカナヒヤブ」(今帰仁グスク内)
「知念森」(知念グスク内)
「斎場嶽」(斎場御嶽)
「藪薩の浦原」(南城市玉城)
「玉城アマツヅ」(玉城グスク内)
「久高コバウ森」(久高島)
「首里森」(首里城内)
「真玉森」(首里城内)

今回は「辺戸の安須森(へどのあすむい)」の頂部の状況をご紹介します。



安須森御嶽は、沖縄本島最北端、辺戸岬の南に位置する丘陵です。



 【辺戸岬からみた安須森御嶽 凸凹の特徴的な山全体が安須森御嶽】


安須森御嶽の登山口は、写真凸凹丘陵の左(東)側の麓にあります。



【麓の登山口】


安須森御嶽は山全体が聖域となっているので、山を拝むための拝所が麓にあります。
登山前にここで手を合わせないと罰があたります。きっと。


絶壁のような登山道を登っていると、中腹にもいくつかの拝所がみられます。



【中腹の拝所1】



【中腹の拝所2】


そして、その頂部には、下写真のような祠が設けられています。



【頂部の祠】


安須森御嶽は非常に凸凹した丘陵なので、頂部と呼べる地形は他にもありますが、そこにもやはり拝所が設けられています。



【連なる複数の頂部】



【他の頂部の祠】


このように、安須森御嶽は、頂部がもっとも神聖視されている御嶽の典型的な例です。
中腹に拝所がないわけではないですが(グスクも然り)、信仰上、頂部が最重要視されていたのは間違いないでしょう。


(つづく)


人気ブログランキングへ


終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2011.02.23 Wednesday 12:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 2012.10.28 Sunday 12:15 | - | - |
コメント
お久しぶりです。
「初めて見る沖縄」が安須森御嶽だった私は遠望からでも
そのインパクトと神聖さを十二分に感じたものです。
感覚的には厳島の島そのもののような
存在感と神聖さを感じました。

見た目は「洋上の妙義山」のように見えるのですが
「アスムイ」を本土の発音や読み方にすると
「アソモリ→阿蘇森→阿蘇山」になるのでは
と言う所が以前から結構気になってます。

またいろいろとお話ししたいのですが
現在あまり時間がとれず申し訳ございません。
| -63 | 2011/02/27 12:20 AM |
-63さん

>「初めて見る沖縄」が安須森御嶽だった私は遠望からでも
そのインパクトと神聖さを十二分に感じたものです。

海からみた安須森御嶽はまた迫力があるのでしょうね。
私も-63さんのように、かつての航路を辿る旅をしてみたいものです。


>「洋上の妙義山」

言い得て妙ですね。
私の印象ですが、沖縄本島の山は、群馬県や長野県の山と雰囲気がよく似ている気がします。


>見た目は「洋上の妙義山」のように見えるのですが
「アスムイ」を本土の発音や読み方にすると
「アソモリ→阿蘇森→阿蘇山」になるのでは
と言う所が以前から結構気になってます。

なるほど〜。
私は言語に関してはまったく疎いものでよくわからないのですが、「あそ」は琉球方言で「あす」になってもおかしくなさそうですよね。
遠く離れた阿蘇と国頭で信仰的つながりがあったとしたら・・・
ロマン溢れますね〜。
| アラミタマ | 2011/02/28 9:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://obotsu-sedi.jugem.jp/trackback/66
トラックバック
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索