琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
<< 聖域に君臨するグスク支配者 その1 ―禁忌の聖域― | main | 聖域に君臨するグスク支配者 その2 ―日本の城と聖域― >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
グスクの石積み調査

グスクの石積みには、大きく分けて、割りとった石をほとんど加工しないで積み上げた野面積み、石を四角にカットしてレンガのように積んでいく布積み、石を多角形に切って亀の甲羅ように積んでいく相方積みの3種類があります。


昨年度、首里以前の王城だったとされる浦添グスクの発掘にて、内面(うちづら)と外面(そとづら)で異なる積み方になっている城壁が確認されました。

外面は、

s-IMG_0308.jpg
【浦添市 浦添グスク外郭城壁の外面】

このように四角い切石を使った布積みなのですが、
内面はというと、

s-内面3.jpg
【浦添市 浦添グスク外郭城壁の内面】

ほとんど加工がなされていない野面に近い雑石積みだったのです。

ひとつの城壁で、内側と外側の積み方がなんでこんなに違うの?


・・・よくわかりません。

よくわかりませんが、考古学者の知り合いに尋ねたところ、内と外の石積みが異なる城壁を持つグスクは「けっこうある」とのこと。

そんじゃあそのグスクを見てみようじゃない(`3´)

ということで、昨日、南部のグスクの城壁をみて歩きました。
私もグスクはそれなりに見て回ったつもりですが、いつもイベ石や自然地形にばかり注意を払っていたもので、城壁の記憶がほとんどないんですよね(--;)
今回はとても良い勉強になりました。


さて、南部を巡ると、確かに、2グスクはありました。
内と外の積み方が違う城壁が。

ひとつは玉城グスク。

外は


【南城市 玉城グスク一の郭城壁の外面】

布積みなのに対し、内は


【南城市 玉城グスク一の郭城壁の内面1】

野面積みでした。
なるほど。浦添グスクと似ている・・・気がする。

しかし、城壁内側の野面には


【南城市 玉城グスク一の郭城壁の内面2】

このように切石が間にはまっているところもあり、崩れた城壁が積みなおされていることがわかります。
どこまでがオリジナルなのか、よくわかんないですね。


もうひとつのグスクは、糸数グスクなんですが・・・
糸数はもう、なにがなんだかよくわかんないです(--;

外面が


【南城市 糸数グスク城壁外面】

これで、内面が


【南城市 糸数グスク城壁内面】

これです。
確かに・・・内と外で様子は違うんですが・・・

外面は、下は大きな切石で、上にいくに連れ小さくなって、最終的には野面積みになってしまう。
内面は、下の方だけ大きな切石で、ほとんどが野面積み。

ぱっと見、相当適当な修復をしたんじゃないかとさえ思ってしまいますが、糸数はかなり城壁の残りが良かったグスクで、城壁上部の様子もわかっているので、でたらめな修復をしている訳ではないんですよね。

崩れた城壁を積み直した結果こうなったのか?
それとも、築城時に石材が足りなかったという伝承があるそうなので、はじめからこのような姿で築かれたのか?

ともかくよくわからない謎のグスクです。


人気ブログランキングへ

終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| グスク見聞録 | 2010.09.04 Saturday 12:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 2012.10.28 Sunday 12:47 | - | - |
コメント
遅れてのコメント、すみません。

石積みの技術、凄いですよね!
石を積み重ねるだけで高く築かれた壁が、
何百年と保つ訳ですからね。
しかも、美しい…。

いや、実は最近、フランスにある某日本庭園を
改めて訪ねる機会があったんですが…。

その庭園は、20世紀初めに造園された本式の日本庭園で、
今から約10年くらい前に大幅に改造され、
その際に、昔からあったものがほとんど壊されて
新たに造り直された「モダン」日本庭園なんですが…。

たとえば、庭園に流れている水辺の周囲が
石積みになっているんですが、石と石との繋ぎに、
コンクリートが使われているんですよ。
そして…美しくない。

まあ、美醜は、個人の私感が大きいのでともかく、
コンクリートの発明は「技術の発展」であったと言える訳では
あるのですが、石を積むだけで堅固な城壁を築いた古代人の
智恵と技術、これが継承されないのは、非常にもったいない
ことだと感じた次第です。

参考までに、この庭園の見られるサイトを貼っておきます
(かなり長いアドレスですが)。
最初にhをつけてどうぞ。

ttp://www.google.fr/imgres?imgurl=http://farm4.static.flickr.com/3497/3228803234_ac1714d9c8.jpg&imgrefurl=http://flickr.com/photos/ruamps/3228803234/&usg=__uspZf5SgsSmWMUWDbZCTTrRILvM=&h=286&w=500&sz=182&hl=fr&start=73&sig2=ZIYTe--Nw6mzruFuTIcQLA&zoom=0&itbs=1&tbnid=YrukLwc6aiCqnM:&tbnh=74&tbnw=130&prev=/images%3Fq%3Dalbert%2Bkahn%2Btakano%26start%3D60%26hl%3Dfr%26sa%3DN%26gbv%3D2%26ndsp%3D20%26tbs%3Disch:1&ei=-KGOTICzMOWHOOrDkLID
| ムッシュー・アラン・デュラン | 2010/09/14 7:39 AM |
ムッシュー・アラン・デュラン
>石積みの技術、凄いですよね!

ほんと、みごとですよね!
相方積みの技術なんてもう最高です。
良し悪しもありますが。
(でも、なぜか個人的には布積みが好き♪)


>フランスにある某日本庭園

拝見しました。
なかなか立派な日本庭園ではないですか(笑)


>そして…美しくない。

(爆)!


>石を積むだけで堅固な城壁を築いた古代人の
智恵と技術、これが継承されないのは、非常にもったいない
ことだと感じた次第です。

ほんと、そうですよね。
沖縄にも、昔ほどのみごとな相方積みを築ける技術者は、もういないと聞いています。
時が進んでも、人の技術は進歩するとは限らないんですよね。

天才宮大工のIさんが、
「自分が発明したと思った技術は、ほとんど昔の人がすでに編み出していた」
と仰っていたのを思い出します。
| アラミタマ | 2010/09/15 7:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://obotsu-sedi.jugem.jp/trackback/44
トラックバック
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索