琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
<< 三浦正幸氏来沖 世界遺産を語る | main | 聖域に君臨するグスク支配者 その1 ―禁忌の聖域― >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
グスク聖域の証明 その4

グスク聖域の証明の続きです。

これまでの記事(グスク聖域の証明 「その1」「その2」「その3」)で、
グスクの平場に頭を出した岩(イベ石)は、グスク時代(12〜15世紀)に平場が造成される際、
意識的に削り残されたと考えられることを論証しました。



【世界遺産 中城グスク 削られず残されたイベ石】


今回のテーマは、“その岩はなぜ残されたのか?”です。
わざわざこのようなテーマを掲げるのは、

「意識的に残されてるんなら、ふつうに拝むためだったんじゃないの?」

と思いたいところなんですが、考えようによっては、

「邪魔にもならないし削るのも難儀だからほっとけ〜」

といって残された岩が、後世になって

「すごい岩があるやっさ。でーじどー!」

と、崇拝対象になった可能性も否定できないからです。


とはいえ、岩が残された理由を明らかにするのはなかなか困難です。
グスク時代の文献資料はほとんど存在していませんし、
発掘したところで、当時の人が岩を残した意思(理由)は
目に見える物としては出土しないからです。


「これはどうしたものか」と私も相当悩んだんですが、いくつかのグスクの踏査を経て、
グスクのイベ石にはひとつの共通点があることに気がつきました。
それは、イベ石のある場所です。


なんと、多くのイベ石は、
グスクの土台となる自然丘陵の頂部に位置していたのです。


またイメージ図を使って説明すると、

はじめ人の手の加わっていない自然丘陵があり、

s-グスク自然地形イメージ図1.jpg



そこに城が築かれるのですが、


s-グスク自然地形イメージ図6.jpg



城内に残されたイベ石の多くは、
グスクの土台となっている自然丘陵の頂部にある岩なのです。


s-グスク自然地形イメージ図5.jpg



私はこれまでの踏査で60ほどのグスクで頂部の状態を確認しましたが、
そのうちの約半数が現在も頂部の岩をイベ石として拝んでいました。

また、イベ石はなくとも頂部が聖域となっているグスクが2割ほどあり、併せて
七割のグスクで頂部が聖域となっている
というデータが得られました。

ちなみに、残りの3割は不明(丘陵全体が聖域で、頂部が聖域の中心か確認できない)であり、
頂部に聖域がないことが確実なグスクは糸満市の具志川グスクのみでした。


また、頂部聖域の見られるグスクはその割合の多さだけではなく、
地域的にも沖縄本島全域で確認することができます


グスクに平場が造成され城塞化していくのは群雄割拠の時代です。
それぞれの地域の支配者が好き勝手に新たな信仰を生み出していったのであれば、
グスク聖域にはもっとバリエーションがあったはずです。

しかし、これだけの共通点、普遍性があるということは、琉球には、
グスクが城塞化される以前から丘陵頂部を核とする聖域が成立していた
と考えるべきではないでしょうか。

つまり、平場造成の際に削られず残された岩は、
はじめから信仰対象として機能していたと考えられるのです。


しかし、それがどのような信仰に基づいていたかはわかりません。
グスク聖域=山岳信仰とした小島瓔禮氏の説も十分考えられますが、
これを肯定する決定的根拠は今のところありません。
これは今後の課題となっていくでしょう。



さて、私なりにグスク聖域が古来からあったことを証明してみましたが、いかがだったでしょうか?
このブログでは、これまでの私の持論を是として話が進んでいきます。
ゆくゆくは第一尚氏から第二尚氏までの王権思想にまで手を伸ばしていくつもりですが、
さしあたって、次のテーマは、
グスクという聖域を城塞化した按司(支配者)たちは、聖域の内部に城を築いたのか、
それとも、聖域内部には手を加えず城壁でとり囲んだだけなのか、です。
ご期待ください♪


(「グスク聖域の証明」 完)


参考文献
武部拓磨「城塞的グスクにおける聖域の考察」浦添市美術館(編)『よのつぢ 浦添市文化部紀要』第5号 浦添市教育委員会文化部 2009年


人気ブログランキングへ

終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| グスク聖域の証明 | 2010.08.25 Wednesday 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 2012.10.28 Sunday 11:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://obotsu-sedi.jugem.jp/trackback/39
トラックバック
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索