琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
<< グスク論争 その6 ―グスク論争の決着― | main | グスク聖域の証明 その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
グスク聖域の証明 その1
グスクは城だったのか? 聖域だったのか? 集落だったのか?

この問題にいまだ決着がつかない最大の要因は、
現在ほとんどすべてのグスクにみられる聖所が
いつの時代まで遡るものなのか分かっていないからであるということは、
グスク論争」シリーズで説明しました。

では、グスクの聖所は、どうすればグスク時代(12世紀〜15世紀)に存在したと証明できるでしょうか?

これから数回に分けて、
こうすればグスク聖域は証明できるんじゃねえかの〜
という私の個人的な考えを説明していこうと思います。

第1回目の今日は、聖域証明のためにグスクの何に注目するべきかです。


グスク論争」シリーズで確認しましたが、グスク聖域説には、
聖域の本質を葬所とする説と、山岳信仰とする説がありました。

まず、葬所説ですが、民俗学者の中にはグスクの墓や風葬所を発掘すれば
グスクが聖域であるかどうかわかると安易に考える人がいるようですが、
例えグスク時代やそれより古い墓・風葬所がグスクに見つかったところで、
それらが聖域の中心であったとどのように証明できるでしょうか?

信仰や思想は目に見える物質ではないため、古い墓がみつかっても、
それを核とした信仰が生まれたことを立証するのは非常に難しいように思います。
ですから、私は、葬所からグスク聖域に迫ることは諦めました。
(ちなみに、私は、グスク聖域の本質は葬所だと考えていません。)


次に、山岳信仰説ですが、本土の山岳信仰の聖地で自然の岩がしばしば祀られているように、
グスクの中にある岩も崇拝の対象となっています。

こうした岩を神社風に呼ぶと「磐座(いわくら)」、沖縄風に言うと「イベ石」となりますが、
グスクの丘陵が本当に神体山として祀られていたかどうかはともかくとして、
岩や木などの自然物を拝む自然崇拝の要素が、
本土と沖縄に共通して見られるのは確かでしょう。


【浦添市 伊祖グスクのイベ石】


私は、グスク聖域証明のため、イベ石に注目しました。

自然岩であるイベ石と、グスク内で人工的に造成された部分との関係を観察することで、
イベ石がグスク時代から存在したことを論証できるのです。

詳しい説明は次回に譲りますが、ここでは、
イベ石は自然丘陵の一部であり、信仰の有無はともかく、
グスクに人が入ってくる以前から“物理的”に存在していた
のはまちがいないことだけ強調しておきます。


(つづく)


参考文献
武部拓磨「城塞的グスクにおける聖域の考察」浦添市美術館(編)『よのつぢ 浦添市文化部紀要』第5号 浦添市教育委員会文化部 2009年


人気ブログランキングへ

終わりまで読んで下さって、ありがとうございます!
最後に、上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| グスク聖域の証明 | 2010.07.30 Friday 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 2012.10.28 Sunday 18:53 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://obotsu-sedi.jugem.jp/trackback/32
トラックバック
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索