琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
グスク(聖域)から生活遺物が出土するのはなぜ? その2
身分の上位下位がある中で、上位の者により多くの高級な富が集まるのは世の常です。
発掘で出土する生活遺物も、より良い物はより高い身分の者が所有していたはずです。

グスク(聖域)に君臨する支配者が神格化されていたことは過去記事(「聖域に君臨するグスク支配者」シリーズ参照)で述べましたが、これほどまでに高い地位を築いた支配者は、当時における最高の品々を所有していたことでしょう。


ところで、「グスク」と言っても、それは六畳一間のような小さなものではありません。
今帰仁グスクや中城グスクのように広い範囲に多くの郭を持っていたり、中・小規模でも複数の郭から成るグスクは少なくないのです。
では、上位下位関係でいうと間違いなく最上位にあるはずの支配者は、グスクの中のどの辺りに住んでいたのでしょうか


この問いに明確な解答を出す研究はいまだ成されていません。
グスクの発掘事例は年々増えてきているとは言え、全面が調査されたグスクはほとんどなく、グスクの全体像を知るにはデータが不足しているのです。
支配者はグスクのどこに住んでいたのか、神女はどこに住んでいたのか、どのような集団がグスクの中に居住を許されていたのか、地域差やグスクごとの個体差はないか、これらのことはすべて今後の課題と言えます。


このように謎多きグスクとは言え、私のグスク聖域観で、支配者の居住場所だけはある程度予測をつけることができます


グスクは元来、丘陵の頂部がもっとも神聖視される聖域であったことは過去記事(「グスク聖域の証明」シリーズ参照)でお話しました。
つまり、グスク丘陵の頂部に近づけば近づくほど、より神に接近することになります。
今帰仁・中城・勝連・浦添・大城・島添大里グスクなどの大規模グスクの支配者は、神の坐す頂部にまで上り詰め、自らを神格化させたと考えられます(「聖域に君臨するグスク支配者」シリーズ参照)。

沖縄中のグスク支配者がみな神格化されていたかどうかは分かりませんが、「グスク頂部最神聖」の論理でいけば、もっとも地位の高い者がもっとも頂部に近い位置に居住できたと考えられるでしょう。

この予測をもとに、さらに、今後のグスク発掘の展開を占うと、
もっとも高級な生活遺物の多くは、グスクのより高い場所、恐らくは頂部より出土する可能性が高いと言えます。


ところで、私の予想を裏付けるかのような研究成果がすでに発表されていますので、次にそれをご紹介します。

研究者は今帰仁村教育委員会の宮城弘樹氏。
調査対象は今帰仁グスクと周辺集落です。

氏は、今帰仁グスクやその周辺集落の発掘で得られた遺構・遺物データを比較して、今帰仁グスク主郭を頂点とするピラミッド状の階層的関係(機銑検砲鯀枋蠅気譴泙靴拭


s-img003.jpg
【図 グスクと集落の階層的関係(宮城、2006より)】



【今帰仁グスク 城壁内が「軌鳥覆竜鐔三茵廖⊂詈媛爾旅場が「恐反辰竜鐔三茵廖


宮城氏が「頂点」とする今帰仁グスク主郭は、まさにグスク頂部です。
私自身は、今帰仁におけるこのピラミッド状の階層の上位下位は、主郭が隣接する頂部イベ石(テンツギノカナヒヤブノ御イベ)からの位置・距離が大きな基準となっていたものと考えています。



【今帰仁グスク頂部の拝所(テンツギノカナヒヤブノ御イベ) 主郭(機砲同レベルに隣接している】


宮城氏が想定したピラミッド型の階層関係は、今のところ今帰仁グスクとその周辺集落に限って提示されたモデルですが、沖縄本島内のほとんどのグスクで丘陵頂部が聖域の中心とされていることを考えた場合、宮城モデルはその他の多くのグスクにも当てはまる可能性があります。
今後、グスクの発掘で出土する遺物や遺構は、単にグスクから見つかったというだけではなく、グスクのどこから発見されたのかにも注目していただきたいと思います。


【参考文献】
宮城弘樹「グスクと集落の関係について(覚書) ―今帰仁城跡を中心として―」『南島考古』第25号 沖縄考古学会 2006年


人気ブログランキングへ

終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| グスク(聖域)から生活遺物が出土するのはなぜ? | 2010.12.06 Monday 12:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
グスク(聖域)から生活遺物が出土するのはなぜ? その1

グスクとは何か?

1960年代から今日まで、グスクの性格を明らかにするために考古学や民俗学の研究者が中心となって活発な議論が交わされてきました。
いわゆる「グスク論争」です。
(過去記事「グスクとは? ―グスク論争のあらまし」参照)

論争の中で、グスクをとみる説、防御性を持った集落とみる説、神が祀られる聖域とみる説などが提示されました。

これらの説の対立点はさまざまなのですが、もっとも大きく意見が食い違ったのは、グスクに人の居住があったのかなかったのかという問題でしょう。

城説と防御集落説は、もちろん、グスク内の人の居住を想定しています。
ところが、聖域説は、グスクに人の居住はなかったと考えたのです。
聖域が俗人の侵さざる場であることは信仰的常識であり(「聖域に君臨するグスク支配者 その1」「その2」参照)、聖域説がグスクを人の生活の場としなかったのは当然と言えば当然でしょう。


人の居住をめぐる城・防御集落説と聖域説のグスク観の違いは、“あるもの”の解釈で真っ向から対立しました。
それは、多くのグスクから出土する土器や陶磁器などの遺物です。



【南城市 大城グスクの表土に散乱する陶磁器片】


城・防御集落説は、グスク出土の遺物を、生活に使われた生活遺物と考えました。
一方、人の居住を認めない聖域説は、それらは祭祀において使用された祭祀遺物であると主張したのです。


グスク出土の遺物は生活遺物なのか祭祀遺物なのか。
その答えは容易には出せません。(と、私は思っています。)
もしかすると、グスクによって違いがあるのかも知れません。

しかし、間違いなく言えることは、生活遺物が出土するグスク(聖域)が存在するということです。

グスクは元来聖域であり(「グスク聖域の証明」シリーズ参照)、その聖域の中に君臨する支配者が存在したことは過去の記事でお話しました(「聖域に君臨するグスク支配者」シリーズ参照)。
そうしたグスク(特に聖域の中心である頂部)から出土する遺物が、支配者たちの生活遺物であることは間違いありません


この事実は、暗黙の内にグスク論争の前提となっていた“聖域から生活遺物は出土しない”という考えと相反します。
では、グスク(聖域)から生活遺物が出土する状況をどう解釈すればよいでしょうか?


その答えは実に単純で、生活遺物を使っていた人が、ただの“人”ではなかったのです。


聖域を城塞化するどころか神に並び立つ場に自らの建物を築いた支配者は、大和の武士のような俗的存在だったのではなく、「てだ」と神格化された存在であったと考えられることは「聖域に君臨するグスク支配者 その8」でお話ししました。
つまるところ、グスク(聖域)で生活遺物を使用していた支配者は、“神”だったのです。


「生活遺物」とは言え、ただの人ではなく神が使ったとあれば、それは自ずと信仰性を帯びてしまいます。
恐らく、太陽神「てだ」と化した支配者が使用するに相応しい最高級の物品が、グスクには保管されていたことでしょう。

これが、私の考えるグスク(聖域)から生活遺物が出土する理由です。


(つづく)


【参考文献】
武部拓磨「城塞的グスクにおける聖域の考察」浦添市美術館(編)『よのつぢ 浦添市文化部紀要』第5号 浦添市教育委員会文化部 2009年
「続・城塞的グスクにおける聖域の考察」浦添市教育委員会文化部文化課(編)『よのつぢ 浦添市文化部紀要』第6号 浦添市教育委員会文化部 2010年


人気ブログランキングへ

終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| グスク(聖域)から生活遺物が出土するのはなぜ? | 2010.11.23 Tuesday 12:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索