琉球の城(グスク)にはなぜ聖域が存在するのか?本土出身の神主が聖域に君臨した琉球支配者の思想に迫る。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.10.28 Sunday | - | - |
御嶽信仰は自然崇拝 ―斎場御嶽―
御嶽信仰は丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰(=自然崇拝)であることを琉球開闢の九御嶽(『中山世鑑』)を例にご紹介するシリーズ。
今回は4つ目の御嶽、「斎場嶽」です。
(グスクの頂部聖域については、過去記事「グスク聖域の証明」シリーズ参照。)


「斎場嶽」とは、知念半島の東端に位置する斎場御嶽(せーふぁうたき)のことです。
斎場御嶽は世界遺産にも登録されているので、ご存知の方も多いことでしょう。

斎場御嶽は、首里王府が非常に重要視した御嶽で、神女の最高位である聞得大君(きこえおおきみ)の即位儀礼が執り行われた聖地でした。
聞得大君は他界のセヂ(霊力)を自分の身体に宿すことで神女となるのですが、そのセヂは、知念半島の東の海上の神の島「久高島」から発せられ、斎場御嶽に降りてくると観念されていました。

余談ですが、神女はしばしば「巫女(ふじょ)」とも記述されるため、本土人的には神社の巫女(みこ)さんのようなイメージを抱いてしまいがちですが、まったく性格が異なります。
人間を代表して神に取り次ぐ神主のようなものともまた違います。
他界のセヂ(霊力)を身体に宿した神女は神そのものであり、自身が崇拝の対象ともなっていたのです。
人が神の依代となる神事は本土でも珍しくはありませんが、近代に至るまで王府によって組織化・制度化されて存続した点に、沖縄の神女の独自性があると言えるでしょう。


さて、聞得大君の即位儀礼が行われた斎場御嶽ですが、ここもまた、岩山が聖地の核となっています。


s-P1790438.jpg
【自然が創り上げた巨岩のトンネル】


上の写真は斎場御嶽で最も有名な景観ですが、この三角トンネルを潜り抜けたところに三庫裡(サングーイ)と呼ばれる場所があり、現在はそこに3つの拝所が見られます。


s-P1790453.jpg
【トンネルから見た三庫裡】


3つというのは、トンネル側からみて左・右・正面の3ヶ所なのですが、この内、正面のものは比較的新しいものだと考えられているようです。

一方、左・右2つの拝所は、聞得大君の即位儀礼において重要な役割を担っていました


トンネルを潜って左にある拝所は、久高島からセヂ(霊力)を招くための遥拝所です。


s-P1790455.jpg
【久高島への遥拝所】


遥拝所なだけあって、眼前に神の島、久高島が見えます。


s-P1790462.jpg
【三庫裡から望む久高島】


この島から聞得大君に宿るセヂ(霊力)が斎場御嶽に飛んで来るわけです。
では、そのセヂは、いったい斎場御嶽のどこに降りてくるのか

それが実は、斎場御嶽で最も高い岩山の頂部であると考えられているのです。


その岩山は、三角トンネルの真上に当たります。
トンネルを抜けて右にある拝所は、岩上に飛来したセヂに、下まで降りてきてもらうためのものなのです。


s-P1790467.jpg
【右にある拝所 岩山の麓に香炉が備え付けられている】


s-P1790464.jpg
【拝所直上の絶壁 この上にセヂは飛来する】


斎場御嶽もまた、丘陵の頂部に特別な意味を持たされた御嶽であることは間違いないでしょう。



ところで、まったく話は変わりますが、世界遺産に登録されて以来、斎場御嶽を訪れる観光客が増え、そのマナーのあり方が問題になっているようです。
沖縄の人々にとって斎場御嶽は今もって神聖な場です。
観光客の存在が、沖縄人の神事の差支えになることがしばしばあるようなのです。

神社で例えると、神主が社殿で祝詞を奏上しているときにカメラ持った観光客が社殿をウロウロしているようなものですよね。
そりゃ、確かに、邪魔だ。(--;

先日の新聞で、「強制ではないが、沖縄の聖地は男子禁制であることをもっと知ってもらう必要がある」というような発言もありました。

おお・・・耳が痛い。。。

観光客を受け入れた時点で自ずと生じることは分かっていた問題で、解決策を見出すのもなかなか難しいですが、私自身は、敬虔な気持ちを持って調査させていただくことを忘れないようにしたいと思います。


しかしまあ、観光客のマナーもさることながら、メディアによる聖地の扱いも甚だ問題である気がしてなりません。
「沖縄のパワースポット♪」なんて銘打っておいて、最後の最後に「御嶽は神聖な場ですから・・・」なんて取って付けるふざけた番組も見かけます。
沖縄人自身が自分たちの聖地をどのように活かしたいのかという根本的な問題があるような気がします。



人気ブログランキングへ


終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2011.05.13 Friday 11:50 | comments(6) | trackbacks(0) |
御嶽信仰は自然崇拝 ―知念森―

御嶽信仰は丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰(=自然崇拝)であることを琉球開闢の九御嶽(『中山世鑑』)を例にご紹介するシリーズ。
今回は3つ目の御嶽、「知念森」です。
(グスクの頂部聖域については、過去記事「グスク聖域の証明」シリーズ参照。)

知念森も開闢九嶽のひとつですが、前回の「今鬼神のカナヒヤブ」同様、グスクの中にあります。(カナヒヤブについては過去記事「御嶽信仰は自然崇拝 ―今帰仁グスクのカナヒヤブ―」参照。)
知念森があるグスク、それは、知念グスクです。
あるいは知念グスク全体が知念森だったかも知れません。
しかし、聖域の中心は、やはり知念グスクの丘陵頂部にあったと考えられます。


(以下、写真をいくつか載せますが、異なる時期に撮った写真を使用していますので、草木の茂りや諸施設に若干の違いがあります。ご注意ください。)


南城市知念にある知念グスクは二つの郭が東西に隣り合う形になっており、
石灰岩丘陵上に築かれた東の郭が「古グスク(コーグスク)」、
その丘陵の西側麓に造成された平場が「新グスク(ミーグスク)」と呼ばれています。

知念グスクの城門は新グスクにしかありません。


s-P1930025.jpg
【知念グスク 新グスクの城門】


城門をくぐると、新グスク郭内は下写真のように全体が平場になっています。


s-P1790613.jpg
【新グスク郭内】


新グスクから東に目をやると、樹木が生い茂る古グスクの丘陵が隣接しています。


s-P2020629.jpg
【新グスクから見た古グスク】


知念グスクの頂部拝所(イベ石)はこの古グスク中、丘陵のもっとも高い位置にあります。


s-P1830092.jpg
【知念グスク頂部のイベ石】


城内にも関わらず、埋められも削られもせず今なお拝まれる丘陵頂部の岩。
知念森の核心は恐らくここにあります。
開闢九嶽のひとつ知念森もまた、頂部がもっとも神聖視される聖地なのです。



人気ブログランキングへ


終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2011.04.13 Wednesday 11:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
御嶽信仰は自然崇拝 ―今帰仁グスクのカナヒヤブ―

御嶽信仰は丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰(=自然崇拝)であることを琉球開闢の九御嶽(『中山世鑑』)を例にご紹介するシリーズ。
本日は2つ目の御嶽、「今鬼神のカナヒヤブ」です。

「今鬼神」は今帰仁(なきじん)のことで、カナヒヤブの御嶽は今帰仁グスクの中にあります。

民俗学的に、グスクは、御嶽とその礼拝所を含めた聖域のことと考えられています。
つまり、御嶽とグスクは信仰的には大差ないということです。
琉球開闢の九御嶽の中に入れられるほどのカナヒヤブの御嶽がグスクの中にあることも、民俗学の見解に矛盾しません。

このブログではグスクと御嶽を別のカテゴリーにしているので、グスク内の御嶽をどちらに入れるか思案のしどころなのですが、今回のカナヒヤブに関しては九御嶽のひとつとして、「御嶽」に分類しておこうと思います。


さて、繰り返しますが、カナヒヤブは今帰仁グスクの中にあります。
今帰仁グスクの中のどこにあるかというと、これが実は、グスクの頂部にあるのです。


現在、今帰仁グスクの麓には、グスクの模型がありますが、


s-P1820451.jpg
【今帰仁グスクの模型】


カナヒヤブの御嶽は、頂部の主郭と御内原(おうちばる)という郭の間にあります。


s-P1820455.jpg
【グスク模型の頂部】


上写真中、左側手前が主郭、右側手前が御内原。その間にある小さい石積み囲いがカナヒヤブです。
模型からわかるように、カナヒヤブの御嶽の石積み囲いの中では、自然岩が祀られています。
下写真が、実際のカナヒヤブです。


s-P1820601.jpg
【カナヒヤブの石囲い】


s-P1820603.jpg
【カナヒヤブで祀られる自然岩】


このように、「今鬼神のカナヒヤブ」は丘陵頂部の岩を拝む御嶽であり、丘陵頂部をもっとも神聖視する御嶽の典型的なものであるといえるでしょう。


ちなみに、今帰仁グスクの按司(支配者)は、カナヒヤブのすぐ隣の主郭に君臨していたと考えられます。
模型をみてもわかる通り、主郭の大型建物の基壇とカナヒヤブはほぼ同レベルにありますが、カナヒヤブが自然の状態で(自然岩として)今のレベルにあるのに対し、主郭は、土を盛ることでこの高さに造成されていることが発掘調査で明らかになっています。
今帰仁グスクの支配者は、カナヒヤブの御嶽の神と同レベルに君臨してみせることで、太陽神「てだ」と化した自らの神威を誇示したのです。(「聖域に君臨するグスク支配者」シリーズ参照)



人気ブログランキングへ


終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2011.03.09 Wednesday 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
御嶽信仰は自然崇拝 ―安須森御嶽―

前回の記事(「御嶽信仰は自然崇拝」)で、丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰(=自然崇拝)はグスク以外でもみられることをお話ししました。
その具体例として、まずは御嶽をご紹介します。

もっとも、グスクは、御嶽とその拝所を包含した聖域だと考えられているので、御嶽とグスクは信仰的に同質のものと言えるのですが・・・

さて、一言に御嶽といってもその数は大変なもの。
ですので、ここでは、沖縄でもっとも有名な琉球開闢の九つの御嶽の状況をお話ししたいと思います。


琉球の正史『中山世鑑』の巻一には、アマミク(アマミキヨ)という神が天上から沖縄に降臨し御嶽を創造したことが記述されています。
中でも、アマミクが最初に創ったとして特別に挙げられているのが前述した九御嶽です。
九御嶽をアマミクが創造した順に挙げると次のようになります。

「辺戸の安須森」(国頭村)
「今鬼神のカナヒヤブ」(今帰仁グスク内)
「知念森」(知念グスク内)
「斎場嶽」(斎場御嶽)
「藪薩の浦原」(南城市玉城)
「玉城アマツヅ」(玉城グスク内)
「久高コバウ森」(久高島)
「首里森」(首里城内)
「真玉森」(首里城内)

今回は「辺戸の安須森(へどのあすむい)」の頂部の状況をご紹介します。



安須森御嶽は、沖縄本島最北端、辺戸岬の南に位置する丘陵です。



 【辺戸岬からみた安須森御嶽 凸凹の特徴的な山全体が安須森御嶽】


安須森御嶽の登山口は、写真凸凹丘陵の左(東)側の麓にあります。



【麓の登山口】


安須森御嶽は山全体が聖域となっているので、山を拝むための拝所が麓にあります。
登山前にここで手を合わせないと罰があたります。きっと。


絶壁のような登山道を登っていると、中腹にもいくつかの拝所がみられます。



【中腹の拝所1】



【中腹の拝所2】


そして、その頂部には、下写真のような祠が設けられています。



【頂部の祠】


安須森御嶽は非常に凸凹した丘陵なので、頂部と呼べる地形は他にもありますが、そこにもやはり拝所が設けられています。



【連なる複数の頂部】



【他の頂部の祠】


このように、安須森御嶽は、頂部がもっとも神聖視されている御嶽の典型的な例です。
中腹に拝所がないわけではないですが(グスクも然り)、信仰上、頂部が最重要視されていたのは間違いないでしょう。


(つづく)


人気ブログランキングへ


終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2011.02.23 Wednesday 12:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
御嶽信仰は自然崇拝

当ブログの「グスク聖域の証明」シリーズで、城塞的グスクが成立する以前から、グスクには丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰が存在したことを指摘しました。
琉球には古くから丘陵に対する信仰が存在し、グスク時代(12〜15世紀)に至って、神格化された支配者たちがその聖域の中に自らの居城を築いていったのです(「聖域に君臨するグスク支配者」シリーズ参照)。


ところで、「丘陵頂部をもっとも神聖視する信仰」の聖地は、当然そのすべてが支配者の城となった訳ではありません。
時代の流れの中で、さまざまに姿を変えて今に伝わっています。
これから数回に分けて、その形態をいくつかお話ししたいと思います。
まずは、御嶽(うたき)です。


御嶽は、グスク同様、沖縄各地にみられる聖地ですが、その起源は、村草分けの祖先や英雄などの葬所であるというのが現在もっとも支持されている説です。
つまり、村人たちに尊敬される人物の葬所が村に隣接する丘陵に設けられ、
丘陵そのものがその人物を祀る聖地となっていったと考えられているのです。

どこの御嶽に行ってもたいがい葬所が確認されること、祖霊を祀っている御嶽が多いことなどがその根拠となっているようです。

ちなみに、「葬所」というのは、遺体を骨化させる風葬所と、骨を納める墓、双方を含みます。
(沖縄の葬法は、遺体を腐らせて骨だけにし、骨を納骨器に入れそれを墓に納めるという、いわゆる二重葬が一般的でした。)
御嶽の起源となる「葬所」とは風葬所なのか?墓なのか?という議論もあります。

しかし、御嶽に葬所がみられるとして、それが御嶽の起源と言えるのかどうかは時代を遡ってよく検証しなければなりません
現代において聖地に葬所がみられるという事実だけでは、葬所のある場が聖地となったという考えの他に、もともとの聖地に葬所が設けられたという歴史像も想定できるからです。

残念ながら、これまでの研究で、聖地が先か葬所が先かは明らかにできていないようです。


ところで、過去記事「御嶽の起源は葬所?自然崇拝?」でもお話ししましたが、御嶽には自然崇拝の要素が色濃く見られます。
御嶽の中の岩や木、水などの自然物が崇拝対象となっているのです。

中でも私が特に注目しているのは、御嶽の丘陵の頂部に何かしらの拝所が存在する事例が多いことです。
これは、グスクの状況と近似しています。

グスクにおいて、丘陵頂部の岩への信仰がグスク時代以前に遡って存在したことは、過去記事「グスク聖域の証明」シリーズでお話ししました。
一方で、頂部岩への信仰よりも古くから存在したと思われる葬所はいまだ発見されていません。
すなわち、グスクは、葬所ではなく、もともと自然崇拝の聖地であったと考えられるのです。

私は、御嶽に関しても、グスク同様の自然崇拝が存在したと考えています。
これからその根拠となる御嶽の拝所を、いくつかご紹介していきたいと思います。


(つづく)


人気ブログランキングへ


終わりまで読んで下さってありがとうございます!
最後に上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2011.02.10 Thursday 22:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
御嶽の起源は葬所?自然崇拝?
 「御嶽」と書けば、本土では「おたけ」・「みたけ」などと言いますが、
沖縄では一般に「うたき」と読みます。
本土で「おたけ(御嶽・御岳)」と呼ばれる山の多くが聖地とみなされているのと同様に、
沖縄における御嶽も、ほとんどが集落を守護する聖地となっています。


「御嶽」という名称や宗教儀礼の共通性から、
沖縄の御嶽信仰は本土の山岳信仰と脈を一にするとする説(小島瓔禮「オタケ(御岳)からみた山岳信仰」中野幡能(編)『英彦山と九州の修験道』名著出版 1977年)がありますが、
十分考え得る見解であると思っています。


さらに、沖縄と本土の信仰の共通性として、もう一点、私が特に強調しておきたいのが、
双方とも岩に対する信仰があるということです。
本土では崇拝対象となる岩は「磐座(いわくら)」と呼びますが、沖縄では「イベ石」と呼んだりします。



【和歌山県 神倉神社の磐座】



【浦添市 金満(かにまん)御嶽のイベ石】


こうした信仰対象となる岩が丘陵頂部にみられる場合が多いのも
本土と沖縄の共通点であると言えます。
岩への信仰が小島氏の主張する山岳信仰と関連があるかどうかはともかくとして、
沖縄に、自然物に対する信仰が広く浸透していたのは間違いないでしょう。


さて、私から見れば自然崇拝の塊である御嶽も、
沖縄の民俗学研究では、まったく異なる御嶽観が強く支持されています。
御嶽の起源は葬所であるというものです。
(仲松彌秀「『お嶽』の本体」『沖縄文化』第2号 沖縄文化協会 1961年)

この説を初めて唱えた仲松氏によれば、
御嶽には必ず葬所が存在し、ほとんどの御嶽が祖先を祀っているそうです。
それゆえ、村の草分けの祖先や英雄などの葬所のある場所が
聖地化したのが御嶽の起源と考えられると・・・


大いに疑問が残ります。

御嶽に見られる自然崇拝の要素は、仲松氏の御嶽観の中でどう説明されるのでしょうか?
葬所が聖地の起源であるなら、岩ではなく、葬所そのものを祀っていれば良いと思うのですが。

逆に、自然崇拝の聖地に葬所が設けられたとは考えられないのか?

こういった質問をある沖縄民俗学の大家に投げてみたところ、
「聖域に人が入って行くのはあり得ない」
と一蹴されました。

沖縄人の信仰心が他県に比べて殊に篤いことは有名です。
それゆえ、余計に、聖域に俗人が入り込む類の行為は想定しがたいのでしょう。


しかし、あるのです、沖縄には。
支配者階級の人間が、我が物顔で聖域に入りこんでいった歴史が。


その根拠はおいおい話していきますが、
とにかく、
御嶽の起源は葬所ではなく自然崇拝である
というのが私の考えであるということだけ、ここでは強調しておくことにします。



人気ブログランキングへ

終わりまで読んで下さって、ありがとうございます!
最後に、上のバナーにワンクリックいただけると、とても嬉しいです。

| 御嶽 | 2010.07.09 Friday 01:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
TOPページへ戻る


プロフィール

ご意見・ご質問等ございましたら、下記のアドレスにご連絡ください。
amamiku@hotmail.com

ブログランキング


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、ワンクリックお願いします!


最新記事

カテゴリー

コメント

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

アーカイブ

リンク

スポンサーリンク



モバイル

qrcode

検索